水俣病公式確認65年「国は目を背けるな」 老いる患者、募る憤り

 水俣病は1日、公式確認から65年を迎えた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、熊本県水俣市などが主催する犠牲者慰霊式は2年連続で中止されたが、患者団体「水俣病互助会」の慰霊祭は規模を縮小して営まれた。患者や家族の高齢化が進む中、参列者は水俣病問題が今なお解決しない現状に憤り、やるせなさを抱え、冥福を祈った。

 水俣病第1次訴訟の原告らでつくる同会の慰霊祭は、海に面する高台の「乙女塚」で開かれている。公害で失われた全ての命を祭り、今年も患者や遺族約40人が参列。上村好男会長(86)は、水俣病被害者救済法が定めた不知火海沿岸の住民健康調査について「要望し続けているが、何も進んでいない」と指摘。65年という時間の経過に関し「国は被害から目を背け続けている」と批判した。

 公式確認の1956年に生まれた胎児性患者の坂本しのぶさん(64)は近年、車椅子での移動が増えた。参列後は「だんだん体が、かなわなくなるのがつらい」と言葉を振り絞り、患者認定を求める裁判が続く現状に「ちゃんと水俣病と認めてほしい」と訴えた。

 一方、例年なら慰霊式が開かれる水俣湾埋め立て地の慰霊碑前では、祈りをささげる市民の姿も。式典で患者・遺族代表として「祈りの言葉」を読み上げる予定だった上野真実子さん(59)も献花。政府のコロナ対応に触れ「本当に命を大事にしているのだろうか。水俣病犠牲者の悲しみ、苦しみに思いをはせ、真摯(しんし)に取り組んでほしい」と話した。

 熊本、鹿児島両県の認定患者は4月26日現在、計2283人で、うち8割超の1988人が既に死亡した。両県では現在も計1413人が患者認定を申請。国や原因企業チッソを相手取った損害賠償請求訴訟も続いている。 (村田直隆)

関連記事

熊本県の天気予報

PR

開催中

秋の古本まつり

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月26日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階「MARUZENギャラリー」特設会場

PR