広中、1万メートルで初の五輪代表 陸上日本選手権V

 東京五輪代表選考を兼ねた陸上の日本選手権1万メートルが3日、静岡県袋井市の静岡スタジアムであり、女子は20歳の広中璃梨佳(日本郵政グループ)=長崎県大村市出身=が31分11秒75で五輪参加標準記録(31分25秒00)を突破して初優勝し、初の五輪出場を決めた。 

 長崎商高出身で駅伝でも活躍してきた広中は、5000メートルの五輪参加標準記録(15分10秒00)も突破しており、6月24~27日の日本選手権(大阪)で2種目目の代表入りを目指す。

 2位の安藤友香(ワコール)も同標準記録を破り、代表入りを果たした。 (末継智章)

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR