ソフトバンク、7日から観客上限5000人 19日まで、販売済みチケット有効

 福岡ソフトバンクは6日、本拠地ペイペイドームでの主催開催試合の観客数上限を、7日以降は5000人とすると発表した。イベント時の人数制限など、福岡県の新型コロナウイルス対策方針を受けてのもの。これまでの上限は2万人だった。

 期間は19日まで。7~9日の西武戦、11、12日のロッテ戦が対象となる。試合時間の変更はない。球団はシーズンチケットなど既に販売済みのものは有効としており、対象試合でも上限を超えて実施される可能性はあるとしている。

 球場内の飲食店舗については酒類の提供を19時までとする。

 福岡県筑後市のファーム施設、タマスタ筑後の開催試合や開始時刻などの変更はない。

関連記事

PR

開催中

Hyle POP-UP

  • 2021年6月3日(木) 〜 2021年6月22日(火)
  • HIGHTIDE STORE FUKUOKA

スポーツ アクセスランキング

PR