3歳の娘がマスクを拒んだ理由

【記者コラム】

 3歳の娘はマスクを着けたがらない。言葉巧みに説得し、キャラクターが描かれたマスクを薦めても、息苦しい、邪魔、耳が痛い…。いろいろと理由をつけて拒む。

 ある日は「お顔が見えないから」と言われた。「目が見えているでしょ」と指摘したら、「笑ってるか、怒ってるか分からない」。返す言葉が見つからなかった。子どもがコミュニケーション力を育むには、言葉以上に表情が重要だと物の本で読んだ。保育現場では保育士がマスクを着けるため、コロナ禍前と比べ、子どもとの信頼関係が築きにくくなったそうだ。

 代替策としてボディーランゲージが有効という。ある日、買い物中に風船をもらった。「やったね!」と両手を挙げてみたら、不機嫌だったマスク姿の娘も満面の笑み。周りの視線は恥ずかしいが、しばらく続けてみようかな。 (岩谷瞬)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

200CUTTING BOARDS

  • 2021年5月28日(金) 〜 2021年6月14日(月)
  • MAGAZYN(マガズィン)
開催中

The Edge展

  • 2021年6月9日(水) 〜 2021年6月14日(月)
  • 福岡三越9階三越ギャラリー

福岡 アクセスランキング

PR