聖火リレー待つ「平成の三四郎」 佐賀の百貨店壁に肖像画登場

 9日から佐賀県で始まる東京五輪聖火リレーで走る予定だった柔道家の古賀稔彦さん(3月24日に53歳で死去)=同県みやき町出身=の肖像画が7日、佐賀市の百貨店「佐賀玉屋」の外壁に登場した。佐賀玉屋前は聖火ランナーが通過する予定で、民間企業の有志が天国から古賀さんにリレーを見守ってもらおうと企画した。31日まで掲げられる。...

残り 344文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

佐賀県の天気予報

PR

PR