かど番正代、繊細に前へ 夏場所白星発進

 表情と言葉に実感がこもる。「初日に勝つと負けるとでは、気持ちがだいぶ変わる。勝ててよかった」。かど番の大関正代(熊本県宇土市出身)が白星発進。力強く踏み込み、圧力をかけながら北勝富士を攻めると、体を開いて突き落とした。

 白鵬の休場で番付最上位の4大関には、けん引役が期待される。正代はライバルとなる3人に先場所終盤に3連敗し、皆勤で負け越す屈辱を味わった。かど番は大関4場所目で2度目。ふがいなさ、巻き返しへの思いは、当たる角度や足の運びなど踏み込みと出足を意識した稽古にぶつけた。

 「早い段階で勝ち越したい」。大言壮語を吐いたり、闘志を前面に出したりするタイプではない。実直で繊細。多くの力士が「影響はない」と答えた無観客には「昨年(大阪開催の)春場所で慣れていると思ったけれど、音の響き方とか気になるところがあった。国技館は広いから」。正代らしい感想だった。目標の勝ち越しに付けた「早い段階」。かど番脱出の先に優勝争いという大関の責務がある、との決意表明なのだ。 (手島基)

PR

スポーツ アクセスランキング

PR