「柔軟心」ありのままに見ること 【坊さんのナムい話・31】

 「五月病」。医学的な病名ではありませんが、名前が付くのは、それだけ多くの人が経験しているということです。新しい環境に一生懸命適応しようとした心身の悲鳴です。

 教員時代、新任の後輩には「まず教師のイメージを壊しましょう」と言っていました。なぜなら私自身も苦しんだからです。私の世代で教師のイメージと...

残り 798文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

緑のコンサート

  • 2021年12月3日(金)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR