旬の魚、フルーツも…陸に上がった漁師の「玄海バーガー」

【福岡を食べる】

 ほぼ年中取れるというイカ、初夏のサバに冬のトラフグ…。玄界灘は言わずと知れた海産物の宝庫。そんな旬の魚やイカのフライをパンに挟み込む。1番人気の「魚バーガー」だ。宗像市神湊のご当地ハンバーガー店「玄海バーガー・鮮」。ごつごつした肉厚の手で調理する店主の縄田弘一さん(64)は、海から離れて、もう15年になる。

 青い海に波しぶき、真っ赤な魚が跳びはねる-。そんな大漁旗が掲げられ、魚が入った冷凍庫がある店内はハンバーガーショップというより漁師食堂。それもそのはず、縄田さんが、自ら経営していた鮮魚店を改装したものだ。「今はどこもおしゃれな店ばかりになっているけど、こんな店も一軒ぐらいあってもいい」...

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR