ダムの限界知り備え可能に 川辺川・試算公表 識者「避難に活用を」

 国土交通省九州地方整備局が11日に公表した川辺川ダムの「限界」の試算。どの程度の降雨量で緊急放流に移行し、下流にどんな影響を及ぼすのか、1966年の計画発表以来初めて数字で示された。検討中の「新たな流水型ダム」との比較はできないが、識者は「ダムの限界を理解することで、命を守る備えができる」と訴える...

関連記事

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR