中間市長選、梅沢氏と俵氏が出馬取りやめ 植本市議の支援を表明

 中間市長選(6月6日告示、13日投開票)に立候補の意向を表明していた市議会副議長の梅沢恭徳氏(33)と社会福祉法人理事の俵邦子氏(67)の2人が12日、立候補を取りやめると発表した。

 2人は今後、同じく立候補を表明していた市議の植本種実氏(72)を支援するとも表明。3人は同日、行財政改革の断行などの政策協定に調印した。

 市長選にはほかに、現職の福田健次氏(60)、元市消防署長の嶋津淳一氏(67)が立候補を予定している。 (菊地俊哉)

福岡県の天気予報

PR

開催中

Hyle POP-UP

  • 2021年6月3日(木) 〜 2021年6月22日(火)
  • HIGHTIDE STORE FUKUOKA

福岡 アクセスランキング

PR