農薬使用半減、有機農地25% 2050年へ農水省が「みどりの戦略」

 農林水産省は12日、環境に配慮した持続可能な農林水産業を目指す「みどりの食料システム戦略」を策定した。2050年までに温室効果ガス排出を「実質ゼロ」にする目標を掲げ、有機農業の拡大や化学農薬の削減などに関する数値目標を設定した。農林水産政策の大きな転換となるが、どのように目標を達成するのかが課題と...

関連記事

PR

経済 アクセスランキング

PR