薩摩の母、西郷を憎む

 私は「ワイワイ川柳」という投句欄を担当している。福岡県内は土曜の夕刊に、それ以外は日曜の朝刊に載る。先日は福岡県須恵町の武井賢一さん(90)から寄せられた母の日の作品に感動し、ハナマル句にさせていただいた。

亡き母の鯨尺(くじらじゃく)見て明かりつけ

 鯨尺とは尺貫法の古い物差しで、昔は材料にクジラのひげが使われたことからこの名がある。武井さんの母は和裁に使い、幼い日の武井さんの服もこしらえたのだろう。「明かりつけ」と結んだ文字には、久々に母の形見を手にした震える背中が見えるようだ。...

関連記事

PR

社説・コラム アクセスランキング

PR