京大火山研の施設が復旧、阿蘇観測を本格化 熊本地震で被災

 2016年4月の熊本地震で被災した京都大火山研究センターが、熊本県南阿蘇村・高野台での施設復旧工事を終え、阿蘇火山の観測を本格化させた。10日、現地で披露式があり、センター長の大倉敬宏教授は「研究・教育・交流拠点として、新たな歩みを刻んでいきたい」と話した。

 研究センターは、大規模地滑りで5人が亡くな...

関連記事

熊本県の天気予報

PR

開催中

Hyle POP-UP

  • 2021年6月3日(木) 〜 2021年6月22日(火)
  • HIGHTIDE STORE FUKUOKA

熊本 アクセスランキング

PR