ワクチン接種から数日後に死亡 長崎県の60代医療従事者

 長崎県は13日、医療従事者を対象とした新型コロナウイルスワクチンの優先接種を受けた60代女性が、接種から数日後の今月上旬に死亡したと発表した。死因は脳底動脈瘤(りゅう)破裂とくも膜下出血で、現時点でワクチン接種との因果関係は不明。医療従事者の接種後の死亡確認は、県内で2例目。

 県によると、女性は4月下旬に米製薬大手ファイザー製ワクチンの1回目の接種を受けた。基礎疾患はなく、接種日から死亡までの間に副反応を疑う症状もなかった。記者会見した県福祉保健部の中田勝己部長は「ファイザー製ワクチンは国の薬事審査を経て承認されており、安全性や有効性は確認されていると認識している」と述べた。

 接種後の副反応疑いは医療機関から医薬品医療機器総合機構(PMDA)を通じて国に報告されることになっており、今月7日に国から県に報告があった。 (岡部由佳里)

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR