『老いる意味 うつ、勇気、夢』森村誠一著

 「身体が老いても病を経験しても、心は老いてしまうわけではない」。老人性うつ病を克服し、米寿を迎えた作家が、老いることの意味を考える。老後は「続編やエピローグではなく『新章』にすればいい」──自身の「老い」を直視する葛藤の中から紡ぎ出した「老い方」の指南書。

関連記事

PR

開催中

7人の作家スタンプ展

  • 2021年5月11日(火) 〜 2021年6月15日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店1階昇りエスカレーター前

読書 アクセスランキング

PR