就業すれば公的支援期待できず…重度障害32歳大学生、進路に悩む

 首のけがで全身にまひが残る小倉南区の岩岡美咲さん(32)は、北九州市の「重度障害者大学等進学支援事業」を利用し、ヘルパーの支援を受けて北九州市立大(同区)に通っている。2016年から夜間特別枠で地域福祉を学び、現在6年生。将来は講演など人前に出る仕事をしたいと考えているが、就業すると、現在のような公的支援を受けることはできない。新型コロナ禍でオンラインの活用が増えるなど環境が激変する中、進路に思い悩んでいる。 (姫野一陽)...

福岡県の天気予報

PR

開催中

7人の作家スタンプ展

  • 2021年5月11日(火) 〜 2021年6月15日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店1階昇りエスカレーター前

福岡 アクセスランキング

PR