4打差を逆転 桜井「大きな自信に」 九州女子アマゴルフ

 粘り強く栄冠をつかみ取った。17歳の桜井は「目標にしていた大会なので、優勝は大きな自信になる」と笑みをこぼした。最終日で首位との4打差を逆転し、控えめに優勝カップを掲げた。

 第2日の残りをプレーした後、最終日となる第3ラウンドは1学年上で首位の中道、岩切美空(宮崎国際)と最終組で回り、スタートの1番パー5でバーディー。2位で出た前半を36で回り、残り9ホールで同組の3人が首位に並んだ。

 「足が震えるほど緊張したけど、みんな同じと思ったら平常心でできた」。11番パー4では残り6メートルのフックラインのバーディーパットを沈めて単独首位に立った。12番以降は全てパー。第3ラウンドを3バーディー、2ボギーの71で回って逆転優勝を飾った。

 次は下部ツアーの成績で出場権を得た国内女子ツアー「ほけんの窓口レディース」(14日開幕、福岡CC和白コース)に挑む。今夏以降にプロテストを受験予定で「めったにない機会なので、トッププロの皆さんからいろんな技術を学び、吸収したい」と目を輝かせた。 (松田達也)

関連記事

PR

開催中

Hyle POP-UP

  • 2021年6月3日(木) 〜 2021年6月22日(火)
  • HIGHTIDE STORE FUKUOKA

スポーツ アクセスランキング

PR