北九州市、ワクチン4回分を紛失 薬液入れずに注射も 市長が謝罪

 北九州市は13日、新型コロナワクチンの集団接種が行われた会場で12日に、余った4回分のワクチンを紛失したことを明らかにした。誤って廃棄した可能性が高いという。北橋健治市長は定例会見で「貴重なワクチンを無駄にしてしまい申し訳ない」と謝罪した。

 市によると、12日午後8時ごろ、新門司体育館(門司区)で集団接種終了後に医療スタッフが余ったワクチン4回分を保健所職員に接種する準備をしていたところ、紛失に気付いた。ワクチンが余った場合、会場の医療スタッフや保健所職員に接種することになっていた。市はワクチンの管理態勢の見直しに努める。

 また、別会場の浅生スポーツセンター(戸畑区)では同日、薬液の入っていない注射器を高齢男性1人に刺すミスが発生した。確認不足が原因。男性の体調に異常はなく、改めて接種したという。 (野間あり葉)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR