福岡・吉富町長が先行接種 予約キャンセル分「無駄にできない」

 福岡県吉富町は14日、花畑明町長(65)が新型コロナウイルスワクチンを9日に接種したことを明らかにした。町は国からのワクチンの配給が少なく、75歳以上を対象に集団接種を始めていた。予約者のキャンセル分を接種した花畑町長は「貴重なワクチンを無駄にはできなかった。誤解を与えたとすれば申し訳ない」としている。

 町によると、キャンセルが出た場合は自治会長や民生委員のうち年齢が高い人から接種することにしていた。複数のキャンセルがあった9日は自治会長らを呼び出して接種したものの、それでも1人分余ったため、会場にいた町幹部らの中で最高齢の花畑町長が接種したという。 (浜口妙華)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR