『政治活動入門』外山恒一著 「過激」思想の底にロマンが 

 著者は、ボクの思春期に影響を与えた『さよなら、ブルーハーツ-パンク日記』(1993)の作家であり、極左、マルキシスト、アナキストを経てファシストに転向し、加えて世界潮流であるポリティカル・コレクトネス(政治的妥当性)にも反旗を翻す活動家だ。高等教育は無用、権力に反逆する行動力こそが頼みのアナキズム...

関連記事

PR

開催中

7人の作家スタンプ展

  • 2021年5月11日(火) 〜 2021年6月15日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店1階昇りエスカレーター前

読書 アクセスランキング

PR