ワクチン誤って1日2回接種 北九州市の高齢女性に

 北九州市は17日、新型コロナウイルスワクチンの集団接種で、同市門司区の高齢女性に対し、誤って1日に2回接種したと発表した。女性の体調に異常はないという。

 女性は16日、同区の門司体育館で1回目の接種を終え、一度は会場を出たが、再び受付を訪れた。自身が接種したことを忘れていたとみられる。

 市によると、1回目の接種が終わると、接種券のシールをはがすことになっている。女性のシールははがされていたが、会場のスタッフは接種済みと気づかず、看護師が再度接種。この後、女性のシールがはがされていることが分かったという。市は「チェック態勢を見直す」としている。 (山下航)

福岡県の天気予報

PR

開催中

Hyle POP-UP

  • 2021年6月3日(木) 〜 2021年6月22日(火)
  • HIGHTIDE STORE FUKUOKA

福岡 アクセスランキング

PR