福岡で282人コロナ感染 4人の死亡確認

 福岡県で17日、新たに282人の新型コロナウイルス感染と、70~80代の男女4人の死亡が確認された。県内の新規感染者が300人を下回ったのは、6日以来。

 感染発表の内訳は、福岡市119人、北九州市35人、久留米市8人、県120人。また、県は8日の感染者のうち1人を重複計上していたとして取り下げ、同日の県内の感染者数を519人から518人に訂正した。

 福岡市中央区の大村美容ファッション専門学校では、同じクラスの学生6人の感染が分かり、市はクラスター(感染者集団)が発生したと判断した。

 佐賀県では27人が感染し、重症患者1人が死亡した。長崎県では16人の感染と入院治療中だった壱岐市の60代男性、長崎市の年齢非公表の男性の死亡が確認された。熊本県では70人が感染し、熊本市の70代男性ら3人が死亡した。

 大分県で28人、宮崎県で28人、鹿児島県で38人の感染がそれぞれ確認された。

PR

社会 アクセスランキング

PR