【詩時評】生死と天地、あわいで歌う 中村美月、片桐英彦、七瀬莉緒 

岡田哲也さん寄稿

 コロナ以前以後とよく言われます。東日本大震災や太平洋戦争の時もそうでした。さながら宝くじの前後賞を語るがごとくです。

 今はウィズコロナです。しかし私のように自分自身ともうまく折り合いがつけられぬ輩は、せめて自粛し萎縮しながら田舎わたらいを続けるしかありません。ウイルスは爆弾や放...

残り 1852文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR