マラソン道下「パラ開催できれば喜び大きい」

 マラソン視覚障害女子の世界記録保持者で、2度目の出場で初のパラ大会優勝を狙う道下美里(44)=三井住友海上、福岡県太宰府市在住=が西日本新聞のインタビューに応じた。東京パラリンピック開幕まであと100日を切る中、現在の心境や金メダルへの意気込みを示した。   (聞き手・構成=林 原弘)

 -昨年12月の防府読売マラソンで2時間54分13秒の世界記録をマーク。その後の調整は。

 「小さい体(身長144センチ)を生かして跳べるように、ストライドを大きくした」

 -本来はピッチ走法。

 「1分間に230から240くらいでかなりのピッチ数なので、増やすよりはストライドを伸ばそうと考えた」

 -長さは。

 「110センチくらいでレース後半は120センチ台。以前は後半に100センチを切ることもあった」

 -日本代表の合宿も。

 「4月末から5月初めの長野・菅平での合宿では3万メートル(トラック)で自己記録を出せた。昨年からの食生活の見直しや筋トレの継続が形になっている」

 -食生活の見直しとは。

 「肉、大豆、卵など違うタンパク源を一日のうちに全部取ると故障が減った。以前は鶏肉がいいと思うと、そればかり食べていた」

 -年齢を重ねてもタイムを縮めている。

 「周りに手本となる市民ランナーの方が多い。影響を受け、食生活の見直しやケアなどの参考にしている。超音波治療器を最近購入したが、その使い方も聞いた」

 -本番は暑い上に最後に上りも。

 「暑い福岡で走り込んで脚力もついた。上りもピッチを使えるので好き」

 -銀メダルを獲得した2016年リオデジャネイロ・パラリンピックの開幕100日前と比べて心境の違いは。

 「リオの前はスポーツも五輪・パラリンピックもあって当然だった。今回はどうなるか分からない。でも開催を信じているし、できれば喜びも大きい。当たり前の大切さを痛感している」

 -東京への抱負を。

 「今は他の選手のことを意識していない。この1年いろんなことがあって、仲間や応援する方の声が励みになった。走りで恩返しできるように、チーム全体で仕上げて金メダルにつなげたい」

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR