新型コロナ、福岡新たに346人感染 鳥栖市の刑務所で2受刑者陽性

 福岡県では18日、新たに346人の新型コロナウイルス感染と70代男性の死亡が確認された。感染確認の内訳は、福岡市152人、北九州市64人、久留米市11人、県119人。

 福岡市南区の「ひろた哲哉歯科」、古賀市の住宅型有料老人ホーム「いこいの里 古賀」、小郡市の「丸東産業」でクラスター(感染者集団)が発生した。久留米市は、15日に感染者として公表した1人を取り下げた。

 佐賀県では26人が感染した。このうち2人は麓刑務所(鳥栖市)の受刑者。同刑務所ではこれまでに受刑者計5人の感染が分かり、クラスターと認定された。

 宮崎県では27人の感染と8人の変異株疑いが判明。ワクチンを2回接種していた県立宮崎病院(宮崎市)の30代女性職員の感染が分かった。

 大分県では44人の陽性が判明し、70代と80歳以上の2人が死亡した。長崎県で33人、熊本県で100人、鹿児島県で37人の感染が確認された。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR