「按針の骨」初公開 DNA分析で本人可能性高く 

 江戸時代初めに平戸で生涯を閉じた英国人航海士ウィリアム・アダムス(日本名・三浦按針、1564~1620)のものとされる墓地から発掘された人骨が、DNA分析の結果、本人である可能性が高まっている。長崎県平戸市大久保町の平戸オランダ商館で開催中の「三浦按針展」で頭蓋骨などの骨片9点が初めて公開され、400年...

残り 566文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

長崎県の天気予報

PR

開催中

上条衿 作品展

  • 2022年8月10日(水) 〜 2022年8月16日(火)
  • ジュンク堂福岡店2階MARUZENギャラリー

PR