炭鉱列車保存で「一歩前進」

 1月に書いた話の続きになるが、福岡県大牟田市の三井化学専用鉄道を昨年5月まで走った炭鉱電車5両のうち、1両を熊本県荒尾市が保存すると発表した。両市にまたがる世界文化遺産の三池炭鉱時代から100年超も走り続けてきた歴史の証人が残る。NPO法人「炭鉱電車保存会」は「一歩前進」と歓迎する。

 黄金週間に...

関連記事

PR

開催中

映像シアター

  • 2021年7月17日(土) 〜 2021年7月29日(木)
  • 福岡市保健環境学習室 まもるーむ福岡

PR