【動画】朝鮮通信使の復元船、釜山で乗船イベント「コロナ収束したら日本にも」

 朝鮮王朝から江戸幕府へ派遣された外交使節「朝鮮通信使」の復元船に乗船するイベントが14、15日、釜山市内であり、親子連れらが楽しんだ。来年5月にも乗船イベントを開催予定で、釜山市から長崎県対馬市への就航も目指している。

 復元船は全長約35メートル、幅約9メートルで定員約70人。韓国の国立海洋文化財研究所が関連資料を基に、通信使が日本への渡航に使った船を約3年半かけて実物大で再現し、2018年に完成した。外壁には花や鳥を描いた華やかな装飾をあしらった。船内には通信使の衣装や歴史を説明するパネル展示もある。

 19、20年には復元船が対馬市に渡航する予定だったが、日韓関係の悪化や新型コロナウイルス禍の影響で中止になった。イベント担当者は「民間の文化交流を進める上で鍵となる船。コロナが収束したら日本を訪れ、日本人にも乗ってほしい」と話した。

関連記事

長崎県の天気予報

PR

開催中

200CUTTING BOARDS

  • 2021年5月28日(金) 〜 2021年6月14日(月)
  • MAGAZYN(マガズィン)
開催中

The Edge展

  • 2021年6月9日(水) 〜 2021年6月14日(月)
  • 福岡三越9階三越ギャラリー

長崎 アクセスランキング

PR