【動画】堀江貴文氏が北九州に新球団 プロ野球独立L来季参入目指す

 実業家の堀江貴文氏(48)は21日、福岡市内で西日本新聞の取材に応じ、北九州市を本拠地とするプロ野球独立リーグの新球団の設立計画を明かした。球団名は「福岡北九州フェニックス」で、4月に同市に運営会社を設置。今年始動した九州アジアリーグへの来季からの参入を目指し、加盟申請を開始した。同氏は株主、取締役の立場で経営に参画する。

※動画内容、音声、書き起こしなどの無断転載・無断使用を固く禁じます。

 球団代表には堀江氏のオンラインサロンのメンバーである経営者の槇原淳展氏(30)が就任。北九州市民球場を本拠に予定するほか、近隣の球場利用に向けて各自治体と折衝中という。初年度の運営費は約1億円、選手は約25人の見込み。設立の正式発表は今夏以降の見通しで、並行して監督などチームスタッフの人選を進める。

 堀江 貴文(ほりえ・たかふみ)1972年10月29日生まれ。福岡県八女市出身。久留米大付設高を経て東大在学中に起業。旧ライブドア社長も務め、2004年の球界再編では近鉄球団の買収や新球団でのプロ野球参入の意向を表明した。05年には衆院選に立候補。現在は北海道に創立した宇宙ベンチャーでのロケット開発や、会員制オンラインサロンの運営、有料メールマガジンの配信などを行っている。

 ★堀江貴文氏の独占インタビュー、有料会員はロングバージョン(約14分)もご覧いただけます。

...

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

水谷和音展

  • 2021年7月16日(金) 〜 2021年7月26日(月)
  • KUJIMA

福岡 アクセスランキング

PR