コロナ収束の願い込め…山里の棚田にともすたいまつ

 熊本県水俣市久木野の寒川地区で22日夜、水を張った棚田のあぜ道にたいまつを並べる催し「棚田のあかり」があった。新型コロナウイルス収束の願いも込めた炎が、「日本の棚田百選」に選ばれた山里を幻想的に彩った。

 寒川地区には約15ヘクタール、500枚ほどの棚田がある。先祖に稲作の継続を報告しようと、住民が2005年から田植え前に開催。今年はコロナ禍の影響で規模を縮小した。

 住民やボランティアが午後6時ごろ、環境に配慮して竹やわら、バイオ燃料で作ったたいまつ500本に次々と点火。闇が濃くなるにつれ、揺らめく炎が水面に浮かび、訪れた人たちを楽しませた。

(村田直隆)

熊本県の天気予報

PR

開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

緑のコンサート

  • 2021年10月30日(土)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR