【日高逸子物語】「どこまではい上がれるか」162日ぶりの一戦、攻めのスタート

「水上のグレートマザー」日高逸子物語(2)

 「ヒダカ、頑張れ!」

 「よく戻ってきた。待ってたぞ!」

 最低ランクからの再起に懸けるボートレースの女王、日高逸子(59)=福岡市=が姿を現すと、ファンからの声援が飛んだ。

 2021年2月17日、四国・徳島の鳴門ボートレース場。日高は女子一般戦「ヴィーナスシリーズ」に登場した。最高ランクのA1から最低のB2に陥落して以来、実に162日ぶりのレースだった。

 1985年にデビューし、男子と互角以上の戦いで通算2千勝、通算優勝75回、女子賞金王など数々の金字塔を打ち立ててきた。ところが2020年9月5日、福岡で開催されたレースの最終戦が、地獄の始まりだった。

 日高は既に2度のフライングを犯していた。フライングすれば舟券は全額返還される。ファンは期待を裏切られ、主催者の収入は減る。選手はその責任を負い、出場停止処分を受ける。1回目は30日間、2回目は60日間、3回目は90日間。その間は無収入となり、3回目ともなると降格処分が下される可能性が高い。

 この最終戦を無事故で完走しさえすれば、A1を維持できるはずだった。並の選手なら「安全策」を選ぶだろう。しかし、日高は違った。

 「守りの戦いはしたくなかった。ファンの期待に応えるのに必死だった」

 結果はフライング。それも、わずか100分の1秒。まばたきする間もない違反だった。

    ■    ■

 出場停止中は練習もままならない。各会場では日々レースが開催されているため、ボートに乗る機会が制限されるからだ。日高が復帰戦までに練習できたのは、わずか3日だった。

 「体に染みついていた感覚が薄れていくのが怖かった。レースの夢を何度も見て、夜中に跳び起きた」

 不安を拭うには、今できることをやるしかない。朝から夕方までジムとヨガスタジオに通って、体を鍛え抜く日々が続いた。

 ただ、全国を飛び回って休みのなかったA1時代とは違う経験もした。小学校に招かれての講演、そして家族との時間。日高を支えてきたマネジャーで主夫の邦博(59)と娘2人と初めて一緒に正月を迎えた。

 「講演で子どもたちのキラキラ光る瞳を見て勇気をもらった。家族とのゆっくりした時間もエネルギーになった。レースで今までにない自分を見せられるかもしれない」

    ■    ■

 プラス思考に転じて復帰戦に臨んだ日高は、初戦で持ち前の粘りを見せて2着に。続くレースでは圧倒的な強さで1着に入った。そして、上位で争う準優勝戦で2着に食い込んだ。

 「フライングで休み明けの選手とは思えない。普通はスタートが怖くて勝負できずに、優勝戦まで残れない。さすがだ」

 レース関係者も舌を巻く活躍だった。優勝戦は5着だったが、日高は大きな手応えを感じていた。

 「やっぱり生きていく場所はここだと思った。5カ月半の頑張りは無駄じゃなかったし、自信にもなった。どこまではい上がれるのか、私自身が見てみたい」

 6日間のレースが終わり、日高は福岡市内の自宅に戻った。夫と娘2人が笑顔で迎えたリビングでは、シンビジウムが花を咲かせていた。花言葉は「飾らない心」。いくつもの逆境に立ち向かい、ひたむきに生きてきた日高の心境そのものだった。

 =敬称略(田中耕)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR