福岡市のワクチン接種会場にエアシャワー 地場企業と福大が開発 

 福岡市が高齢者を対象に行っている新型コロナウイルスワクチンの集団接種の会場に、地場の靴メーカーと福岡大研究室が共同で開発したエアシャワーが設置されている。洋服などに風を吹き付け、飛んだウイルスをフィルターでとらえ、紫外線の照射で不活性化するという仕組み。接種希望者の不安を取り除くだけでなく、ウィズコロナ時代のイベントでの活用も視野に入れる。

 接種会場のマリンメッセ福岡B館に置かれたのは、福岡県新宮町の婦人靴メーカー「エッチ・ピー・エス」(HPS)と福岡大化学システム工学科の三島健司教授の研究室が開発した「クリーンエアシャワー」。

 エアシャワーはゲート型(高さ2・1メートル、幅1・2メートル、奥行き0・7メートル)。接種希望者がゲートをくぐると、八つのノズルから強風が吹き、飛んだウイルスを吸い込み口内の高性能フィルターでとらえて、そこに紫外線を当てる。

 HPSがコロナ対応のエアシャワーの開発に乗り出し、三島教授の研究室が紫外線装置の取り付けに協力。販売総代理店の「AND SHIELD」(横浜市)が福岡市に無償で貸し出した。新宮町の接種会場にも置かれており、同社の沢田純一取締役は「ワクチン接種だけでなく、イベントの会場にもエアシャワーを導入してもらい、コロナ以前のように安心して開催できるようになれば」と話している。

 (塩入雄一郎)

福岡県の天気予報

PR

PR