コロナ退散の願い込め大茅の輪くぐり 福岡市西区の愛宕神社

 福岡市西区の愛宕神社に、新型コロナウイルスの収束を祈願して直径2メートルほどの「大茅(だいち)の輪」が設置された。

 大茅の輪は6月にある「大祓(おおはらえ)神事」で無病息災や家内安全を願ってくぐるもので、今年は参拝者からコロナ退散の願いが多く寄せられたため、時期を2週間ほど早めた。8月末まで設置予定。...

残り 85文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

福岡県の天気予報

PR

開催中

秋の古本まつり

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月26日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階「MARUZENギャラリー」特設会場

PR