九州の駅収入ランクに異変 観光、出張減 福岡から中長距離圏苦戦

 JR九州がまとめた2020年度の駅別取扱収入は、新型コロナウイルスによる運輸需要の減少で上位20位まで全駅が前年度比マイナスだった。上位10駅の顔ぶれは前年度と同じだったものの、11位以下は中津(大分県)など福岡都市圏から中長距離圏の3駅が20位以下にダウン。観光や出張などビジネス利用減少の影響を...

残り 331文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR