「食欲が森育てる」メンマが解決、竹林問題 延岡のベンチャー製造

 里山や畑を侵食する竹林のタケノコをメンマに加工して消費し、竹林問題を解決しようという会社が宮崎県延岡市に誕生した。完成したメンマは、白米に合うしっかり味で食が進む。材料のタケノコはJAから規格外品を仕入れ、製造には福祉施設の力を借りるなど「地域との協業」も推進する。代表の江原太郎さん(30)は「この波を全国へ広げていきたい」と意気込む。キャッチフレーズは「あなたの食欲が森を育てます」-。

 江原さんは、五ケ瀬川沿いの同市上三輪町出身。東京農業大を卒業後、農業系ベンチャーで働いて3年前に帰郷したところ、自宅周辺の畑や山は竹林に覆われていた。「田舎で農業を続けていくには、まず竹林問題の解決が先だ」と感じてビジネス化を構想し、昨年5月、「LOCAL BAMBOO(ローカル バンブー)株式会社」を設立した。

 国内で流通しているメンマの大部分は、中国産の麻竹を加工して作られているという。一方、九州で広がる竹林はモウソウチク。江原さんは、モウソウチクを使ったメンマ作りで実績のある福岡県糸島市の「タケマン」を何度も訪ねて教えを請い、延岡ならではのメンマ製造に乗り出した。

 味付けは、延岡の伝統野菜で辛みが特徴の七萬石唐辛子と、全国品評会で評価されている「渡辺味噌醤油醸造」(延岡市)の赤麦みそを使って、ピリ辛、濃いめの味に仕上げた。メンマはラーメンに添えるのが一般的だが、「料理のつま、程度の消費量では竹林問題の解決につながらない。量を増やすには、主食の米に合う味が必要」と考えたからだ。

 メンマの素材は柔らかい1~2メートルの「幼竹」を煮て、塩を混ぜ、水分を抜いて発酵させる。幼竹は、JAのタケノコ部会から規格外で市場に出荷しないものを仕入れる。加工は、延岡に隣接する門川町の就労支援施設「悠々工房」に委託。加工の際に出る皮などは廃棄せず、牛の餌として畜産農家に提供、地域内で循環させる。味付けとパウチ詰めはタケマンに委託している。

 江原さんは、大学進学前から、いずれは延岡で農業に携わって地域を守っていく志を立てていた。「竹林の増加は全国的な問題。私のやり方を活用して全国にご当地メンマが増え、消費が増えていくことを願う」と話す。販売は同社のオンラインショップで。缶入り(100グラム)1500円、パウチ入り(同)1080円。いずれも送料別。 (岩尾款)

宮崎県の天気予報

PR

開催中

200CUTTING BOARDS

  • 2021年5月28日(金) 〜 2021年6月14日(月)
  • MAGAZYN(マガズィン)
開催中

The Edge展

  • 2021年6月9日(水) 〜 2021年6月14日(月)
  • 福岡三越9階三越ギャラリー

宮崎 アクセスランキング

PR