佐賀の財政負担減へ 与党委が貸付料延長検討 九州新幹線

 西九州新幹線の新鳥栖-武雄温泉(佐賀県)間の整備を巡り、与党検討委員会(山本幸三委員長)は26日、フル規格での整備を進めるための対応方針をまとめた。フル規格での整備に反発する佐賀県の財政負担を軽減するため、JR九州が支払う新幹線の線路使用料(貸付料)の期間延長などを検討する。佐賀駅を経由するルート...

残り 471文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR