宮崎県の60代女性、ワクチン接種後死亡 接種との因果関係不明

 宮崎県は27日、新型コロナウイルスワクチンを今月接種した基礎疾患がある60代女性が死亡したと発表した。ワクチン接種と死亡の因果関係は不明。今後、国の専門家が事例を評価するという。接種後の死亡確認は県内では初めてで、国から県に報告があった。

 県によると、女性は今月17日に米製薬大手ファイザー製ワクチンの1回目の接種を受け、20日に腹痛の症状が出て22日に死亡した。県は、死因について家族の同意が得られていないため公表していない。接種後、重いアレルギー反応であるアナフィラキシーはなかったという。

宮崎県の天気予報

PR

開催中

第13回あんぱんパーク

  • 2021年10月21日(木) 〜 2021年10月28日(木)
  • ベイサイドプレイス博多 海側イベントスペース
開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

PR