「枝野さん、せっかくの本を、説明から逃げる道具にしないで」

東京ウオッチ

 最大野党である立憲民主党の枝野幸男代表が、約9年ぶりとなる新著「枝野ビジョン 支え合う日本」(文芸春秋)を刊行した。旧民主党時代の2014年(!)から書き始め、今秋までにある次期衆院総選挙に「なんとか間に合わせて出版することができた」のだという。

 率直に記します。254ページの新著を付箋片手に読みながら、東京支社報道部の野党担当である私は、ひそかに興奮してしまった。消費税やエネルギー政策など、枝野氏が日ごろの記者会見ではなかなか正面から答えてくれないテーマについても持論が展開されていたからだ。

 特に、政策実現に必要な財源について書かれた部分には感動すら覚えた。

《財源問題に目をつぶり、充実した社会保障だけを唱えても説得力はない。『お互いさまで安心できる支え合いの社会』を作るためには、『大きな財政』は避けられない。効率的な『小さな政府』と『大きな財政』は両立するが、『小さな財政』で安心できる支え合いの社会を作るのは不可能だ。政治はこのことから逃げてはいけない》

 そうなんです、枝野さん。選挙戦であれをやる、これをやるとぶち上げるのは簡単。問題は、その財源についてどこまで説得力ある説明をできるか。旧民主党政権が国民から失望されたのは、「事業仕分け」や「(特別会計の)埋蔵金」といった財源捻出論が破綻したことにも一因があったと思う。

 新著には、こうもある。

《国民に長期的には必要な負担をお願いしなければならないことは間違いない》

 枝野氏は、どんな《負担》を国民に求めようとしているのだろうか。私はより深く知りたいと思った。

■「本を読んでください」

 ところが…。新著の発売に合わせて枝野氏が開いた19日の記者会見で、私はその言葉に耳を疑った。

 「本を読んでください」-。

 大まかに再現してみる。

 私「本に国民の皆さんに必要な負担をお願いすると書いてあるのは、具体的にはどういう形で…」

 枝野氏「(※さえぎるように)別の部分にちゃんと書いてあります。本を読んでいただければ、別の部分にちゃんと書いてあります」(※は筆者の補注)

 私「本も読んでいるんですけれども、できれば代表の言葉でわかりやすく説明して…」

 枝野氏「いやあの、本を読んでください。ぜひ」

 私「理解としては、税負担の増加や社会保険などですか」

 枝野氏「現状、大衆増税はできない、しないって明確に書いてると思います。ちゃんと読んでください。先入観なく」

 重ねて、私が「全ての国民がこの本を読むことができるわけではない。記者として理解を進める上でも説明していただければ」と《負担》の説明を求めると、枝野氏はようやく重い口を開いたのだった。

 「大衆増税はしないと明確に書いています。今はこの間の直間比率が、逆にゆがんでいると。従ってこの間、減ってきている高額所得者、特に金融所得課税や、それから黒字で内部留保をためているところに対する法人税、そういったところとあとは借金であると。明確ですよ。読んでいただければ」

■新著に答えが?

 では、枝野氏の言う通り、新著にはその答えが書いてあるのだろうか? 該当しそうな部分をチェックしてみたい。

《まずは負担増に対する国民の不信感を払拭(ふっしょく)し、再び信頼を取り戻すために、支え合うためのサービス、ベーシック・サービスの充実を先行させる。そして、不信感が払拭されるまでの間は、消費税などの大衆増税は棚上げし、優先順位の低い予算の振り替えと国債発行などによって対応せざるを得ない》

 大衆増税はあくまで時限的な「棚上げ」にすぎず、恒久的に「しない」とまでは書かれていないと受け止めることも可能だ。

 引用を続ける。

《消費税ばかりが注目されるが、忘れてはならないのが、税と同様に強制徴収されるといっても過言ではない社会保険料(年金や健康保険の保険料)の負担である》

《高額所得層では、所得が増えても負担額が増えない仕組みになっている》

 さらに、もう少し-。

《消費税単独で引き下げや廃止を議論すれば、社会保障などの財源をどうするのかという論点に矮小(わいしょう)化され、より逆進性の強い社会保険料や金融所得課税の問題が見逃されてしまう。社会保険料を含めた国民負担のあり方全体を総合的に見直すことが、真摯(しんし)な姿勢だと考える》

 つまり、《負担》の在り方の一つとして、社会保険料を引き上げるべきだと考えているのだろうか。将来的には、消費税率アップも必要だと考えているのか。枝野氏の本を読んでも疑問は残る。

関連記事

PR

開催中

安西博之展

  • 2021年7月26日(月) 〜 2021年8月5日(木)
  • アートスペース貘(ばく)
開催中

福岡県戦時資料展

  • 2021年8月2日(月) 〜 2021年8月6日(金)
  • アクロス福岡1階コミュニケーションエリア

PR