福岡で職場クラスター急増 発生場所トップ、「危機感を持って」

 新型コロナウイルスの変異株が猛威を振るう中、九州の感染のハブ(拠点)とされる福岡県では職場内で発生するクラスター(感染者集団)が急増している。統計によると、場所別では学校や高齢者施設を抑えてトップに位置。飲食店での発生は休業要請もあって少なくなっている。「急所」とされる飲食店以外にもあらゆる場所にリスクが潜むことをデータは示しており、専門家は「これまで以上に危機感を持ってほしい」と呼び掛ける。

 福岡県内の各自治体によると、第3波(2020年11月20日~21年2月末)の101日間で発生したクラスターは168件。現在の第4波(4月1日~5月27日)は57日間に142件のペースで進む。1・5倍だ。

 中でも職場での発生は34件から45件に増え、事実上の“禁酒令”を受けている飲食店12件の約4倍。全体に占める割合も、20・2%から31・6%に伸びた。

 変異株はウイルス量が従来より多く、感染力が格段に強いとされる。感染症に詳しい近畿大の宮沢正顕教授は、相次ぐ緊急事態宣言による警戒感の薄れや、変異株のまん延が感染拡大の背景にあるとし、これまで提唱されてきた3密(密閉、密集、密接)回避だけでは不十分と指摘。一般的に職場にはコピー機など共有物が多く、食事や喫煙のスペースでは気が緩みがちになるなど数多くのリスクがあり、「企業には一層の対策の強化、意識改革を求めたい」としている。 (井崎圭、高田佳典)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

200CUTTING BOARDS

  • 2021年5月28日(金) 〜 2021年6月14日(月)
  • MAGAZYN(マガズィン)
開催中

The Edge展

  • 2021年6月9日(水) 〜 2021年6月14日(月)
  • 福岡三越9階三越ギャラリー

福岡 アクセスランキング

PR