秋田犬不明で対立 「預けていた」男性提訴へ 西原村の牧場「譲渡」

 熊本県西原村の観光施設「らくのうマザーズ阿蘇ミルク牧場」で2月、散歩中に逃げ出した1匹の秋田犬を巡り、飼い主と牧場側の間でトラブルが起きている。「預けていた」という熊本市の男性(52)は「逃げたのは牧場側の責任」として損害賠償を求めて提訴する方針。一方、牧場側は「男性から譲渡された」と主張し、飼い主として村に登録している。言い分が対立したまま、秋田犬は3カ月以上たった今も見つかっていない。

 男性は3年ほど前に秋田犬のメス「まる」を飼い始めた。市に飼い主として登録し、...

残り 757文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

熊本県の天気予報

PR

PR