球磨川、大雨備え合同巡視 国や流域自治体

 国土交通省八代河川国道事務所は28日、球磨川中・上流部で氾濫や決壊の恐れの高い堤防や水防施設の巡視を県や市町村と合同で行った。住民で組織する水防団の活動や、自治体の避難情報発出の判断に役立てるために毎年実施している。

 昨年7月の熊本豪雨で球磨川が大規模に氾濫した球磨村渡では、堤防の高さが周辺より...

残り 177文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

熊本県の天気予報

PR

PR