#家庭内カクリ始めました

妻がコロナになりまして㊤

 「わたし、陽性だって」

 妻からそう告げられたのは、世の中がゴールデンウイーク(GW)に入った直後、4月29日の「昭和の日」だった。日々、ニュースとして発信してきた新型コロナウイルスが、ついにわが家に牙をむいた。

 私はニュースアプリ「西日本新聞meミー」の編成を担当するデスク兼記者、40歳。同じ社の出版部門に勤める妻(40)と小2の長女(7)、保育園年長の長男(5)の計4人で福岡市内に住んでいる。

新型コロナウイルスの感染と就業制限を伝える通知

 妻に持病はなく、日頃「頭痛がどんなものか分からん」と豪語するほどだが、前日の朝に珍しく熱を出していた。「ただの風邪。寝れば治る」と言いつつ、午後には37・8度まで上がった。こんな時期だから、と妻は保健所に電話して近くの内科を受診、PCR検査を受けた。...

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR