福岡市に国内最大規模「おもちゃ美術館」 22年春、木の玩具8000点

 福岡市博多区の青果市場跡地再開発を巡り、2022年春に開業する大型複合商業施設に、国内最大級の「おもちゃ美術館」が開業することが分かった。木の玩具を触って遊べる体験型ミュージアムとして全国に姉妹館が広がる美術館で、九州初進出。同じ複合商業施設には、子ども向け職業体験テーマパーク「キッザニア」の出店も検討されており、子連れで幅広く楽しめるスポットになりそうだ。

 開業準備を進めるのは、東京都新宿区で廃校となった小学校を改修し、東京おもちゃ美術館を運営している認定NPO法人「芸術と遊び創造協会」。協会によると、おもちゃ美術館は1984年に東京で生まれ、7年前から沖縄県、秋田県など全国各地に姉妹館が増えている。

 福岡は10カ所目で、2022年4月下旬に開業予定。広さは約1500平方メートルで、国内最大規模となる計画だ。

 館内には九州産のスギやヒノキで作った積み木やパズル、世界各国の玩具など約8千点を展示。乳児が遊べる玩具を集めた「赤ちゃん木育(もくいく)ひろば」、糸のこぎりで木のおもちゃを作る「糸のこ工房」、縁日の雰囲気を再現した「おもちゃの屋台村」など約10のコーナーを設け、多彩に楽しめる仕掛けを打ち出す。

 木工職人とも連携し、伝統工芸の活性化を後押しする。福岡県大川市の家具職人による子ども用家具の展示スペースや、全国のおもちゃ作家の作品を扱うショップも併設する。

 おもちゃの魅力を伝えるボランティア「おもちゃ学芸員」が運営をサポート。今夏から養成講座を開き、学芸員の登録者を募る。新型コロナウイルス対策として、来館者を1日3回の入れ替え制にし、おもちゃの消毒も徹底する。

 来館者目標は年間20万人以上。協会の多田千尋理事長は「おもちゃは人が生まれて初めて出合うアートで、木の玩具は手触りやぬくもりで感性を育んでくれる。おもちゃを通じ、子どもからお年寄りまでをつなぐ多世代交流のミュージアムにしたい」と話している。 (山下真)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

瀧下和之展

  • 2021年7月28日(水) 〜 2021年8月2日(月)
  • 福岡三越9階美術画廊
開催中

真夏の古本まつり

  • 2021年7月18日(日) 〜 2021年8月3日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階 MARUZENギャラリー

PR