安楽死「死ぬ義務」生じかねない 生ききるための支援を

安楽死を考える ~神経難病患者の訴え~ ㊦日本のいま

 完治が望めず耐え難い苦しみがある患者の意思に基づき、医師が致死薬を投与し死期を早める安楽死。欧米を中心に認める国が少しずつ増える一方で、フランス議会は4月、合法化を見送るなど各国の対応は揺れている。日本はどう向き合ったらいいのか。生命倫理学が専門の松田純静岡大名誉教授に聞いた。...

残り 1453文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

バギーコンサート

  • 2021年11月28日(日)
  • 福岡市早良南地域交流センター ともてらす早良 チャイルドルーム

PR