#コドモストレスたまりました

妻がコロナになりまして㊦

 新型コロナウイルス禍に見舞われ、陽性となった妻(40)はホテルでの宿泊療養に、残る家族は濃厚接触者として「隔離生活」(健康観察期間)を送ることになったわが家。

 私(記者、40歳)は7歳の長女、5歳の長男がそれぞれ生まれたとき、子育てのために2カ月間の有休を取った経験がある。家事育児にはひそかに自信を持っていたのだが、当時は妻と分担でき、子どもを連れて公園などへ外出もできた。

 「コロナワンオペ」はまるで勝手が違った。

当初はボードゲームなどで気を紛らわせることができていたが…

 子どもたちは当初こそボードゲームなどで気を紛らわせていたが、ゴールデンウイーク(GW)まっただ中、公園にも行けない。「外で遊びたい」とストレスは膨らみ続け、いつにも増して、すぐにけんか。すぐに泣く。すぐに飽きる。

 妻がいないので、「ちょっと来て」「ねえ聞いて」は私に集中。3度の食事の準備に気をもむ私は、きょうだいげんかの金切り声が神経に障るようになり、「うるさい」と叱りつける。長男がさらにぐずる…。

 負のスパイラルに陥るまでに、3日とかからなかった。...

関連記事

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR