武雄市で避難所設置訓練 豪雨に備え全職員参加

 佐賀県の武雄市は梅雨の豪雨災害に備え、全職員約350人を対象にした避難所開設、運営訓練を行った。段ボールベッドの設置方法や新型コロナウイルス感染予防を意識した住民対応を、実践に即して確認した。

 訓練は5月25、26日に白岩体育館で計8回に分けて実施。全職員を対象にした訓練は初めてで、自身も参加した小松政...

残り 303文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

佐賀県の天気予報

PR

PR