信託や預貯金、手数料発生 後見制度支援信託の仕組みに困惑

開始20年 成年後見はいま(下)

 福岡市の男性(76)は、成年後見制度にいい印象があった。これまで親族の後見人を2度務め、本人をみとってきた。ともに報酬は受け取らなかった。

 「家庭裁判所に任されて本人の通帳を預かるから、『勝手にやっているわけじゃない』と身内も分かってくれる。それがいい」

 その印象が一昨年、変わった。姉に認知症...

残り 3279文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR