孔子の教え、生きる指標に

人生の羅針盤 渋沢栄一と論語(1)

 近代日本にあって資本主義を立ち上げた渋沢栄一は、根っから『論語』が好きであった。

 少年期に父親に手ほどきを受けてから、生涯にわたって自分の身を修め、生きていくうえでの指針としたのが『論語』であった。

 渋沢は『論語』の教えを自分の人生に金科玉条としていかしただけでなく、自分の著書として『論語講義...

PR

文化 アクセスランキング

PR