ワクチン注射、ごみ回収業者に刺さる 北九州市で一般ごみ置き場に誤廃棄

 北九州市は1日、新型コロナウイルスワクチンの集団接種会場で、誤った方法で廃棄された注射針がごみ回収業者の女性の足に刺さる事故があったと発表した。注射針は使用済みとみられる。女性は血液検査を受け、血液感染する可能性がある感染症のワクチンを接種したという。

 市によると、会場は同市戸畑区の浅生スポーツセンター。本来は専用のボックスに捨てなければならない注射針をガウンなどの医療用廃棄物の袋に捨てた上、一般廃棄物用の場所に袋を誤って置いていた。女性が袋を回収しようとしたところ、足に痛みを感じたという。

(野間あり葉)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR