佐賀県提案のフル規格3経路、国交相が「検討」 西九州新幹線

 西九州新幹線の新鳥栖-武雄温泉間の整備を巡って佐賀県が提案した三つのルートの検証について、赤羽一嘉国土交通相は1日の閣議後記者会見で、「精力的に検討を進める」と述べた。現在、国交省が想定しているJR佐賀駅経由に加え、佐賀市北部や佐賀空港を通る二つのルートについて、フル規格で整備する場合の費用や効果を検証する。

 県は在来線の利便性低下の懸念などからフル規格に反発し、それを前提には協議に応じない姿勢を示してきた。5月31日に県が国交省にルートの検証を提案したことについて、赤羽氏は「フル規格で整備する場合についての具体的な指摘は初めて」と歓迎した。「次回以降の協議でも一つ一つの課題について佐賀県としっかり議論していく」とも述べた。 (鶴加寿子)

関連記事

佐賀県の天気予報

PR

PR